読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imagine 事件や事故を想像してみる

悲惨な事件や事故が多いですよね。想像できないのか?そして学べるものは学ぶ、  繰り返さない・自分を守るために

やはり世紀末としか思えない。男がバットを振り回し幼稚園女児重傷。大阪市天王寺区

被害者家族だったら 胸糞悪い事件 注意して生きなければ 子供を注意して見守らねば 事件、子供が被害者 犯罪者への対応

f:id:taizai7h:20161103092743p:plain

 

やはり世紀末としか思えない・・・

ニュースはこんなイカレタ事件を最近たまたま連発しているのか、
(もともと合ったけど公表されなかったのか)
最近、こういう事件が多いのか・・・私には分からないが

世の中にはイカレタ人間がいるということだ

怖い、
近寄るだけ損だ、危険な人間には。

世の中、コトが置きない限り、何も動けない。

幼稚園に通う女児(6)が金属バットで殴られ頭の骨を折り重症

こんな世の中だと、ニュースを知り、知っている大人らなまだしも
純粋無垢で、悪い人が居ない・会ったことがないという、女児にこんな被害が及ぶのは、つらすぎる。

私が何に対してつらすぎるのか
この感情をどこに何にぶつけた良いのかわからないが

こんな世の中は嫌だ。

また、こういう犯罪者が刑務所に入り、更生したとか行って出てきて、また同じ事件を繰り返したりする。
バカな世の中だ。

 

「犯罪者が更生した」という責任者を付けたらどうか?

もしも、今後、犯罪者が更生して出てきたとしたら、
その「更生を判断した」責任者を付けたらどうだろうか?

もしも、更生していなかったとき、その責任者が何かしらの責任をとるという責任者だ。

そうなると、責任を取りたくない世の中一般的な大人は、そう簡単に、

  • 犯罪者が更生した

なんて言わないだろう。言えないだろ
親や、親族でも無い限り。

このニュースを読んで感じたこと

胸糞悪い感じがしました。

駅とか、ラッシュ時とか、人と人の距離が近く、怪しいやつが居たとしても
場所がないため、我関与せずではあるが近くにいたりするけど

やはり、怪しいヤツには特に子供は近くにも置いてはだめだということだ。