読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imagine 事件や事故を想像してみる

悲惨な事件や事故が多いですよね。想像できないのか?そして学べるものは学ぶ、  繰り返さない・自分を守るために

ハンドボールクラブ活動中の中学1年生が熱中症で死亡。奈良県生駒市

事故、子供の事故 子供を注意して見守らねば 知りませんでした

f:id:taizai7h:20160818060755p:plain


熱中症って怖いんですね、、、

俺が子供の頃、「熱中症」というキーワードはそんなに聞かなかったが、今ではニュースでよく聞く。(熱射病は聞いた記憶があります)
調べてみると、熱中症は2000年以降に出来た言葉だったんですね。

市立大瀬中学のグランドで練習中に・・・

親の立場はつらいですね、、、
小学校を卒業して、やっと中学生になった所、熱中症で死亡。
ハンドボール部(外の部活)に入れたことを後悔してしまいそうです、俺なら。

以前、俺の子供も中学校で倒れたと連絡があり、心配し焦った経験があります(熱中症ではなかったのですが)

 

熱中症って死ぬまでヤバさに気づかないのか?

  • 高齢のお年寄りが部屋で熱中症で死亡

というのは、まあわからなくもない。
しかし、少し前に

  • 30代の男性が部屋で熱中症で死亡

というニュースも見た。
判断力のあり体力もある大人でも熱中症で死亡してしまうということに驚いた。

調べてみると、熱中症には何種類か有り

  • 熱で失神してしまう熱失神
  • 痙攣を起こしてしまう熱けいれん

なんてものが有り、ケースによっては一人では身動き取れなくなってしまうようです。

でも一番ヤバイのは熱射病。体温が40度以上に・・・

一番危険で、死亡に結びつく可能性が高いのは「熱射病」ということです。

熱射病は、脳が体温調出来なくなり汗をかかなくなります。
そのため、体温が上がり続け40度以上になってしまい
体温が41度を越えるとけいれんがおこり、42度を越えると細胞が破壊されていくそうです。

意識障害、ふらつきが当然起こるそうですが
脳が体温を調整つ出来無い状態ということは、なかなか自分でも気づきにくいのかもしれません。

  • 病気での発熱で40度を超えても平気なケースがありますが(特に幼児は普通)

なのですが、

  • 発熱以外で40度を越えると危険

といのはこういうことでした。

このニュースを読んで感じたこと

熱中症は怖いんですね、特に熱射病は注意。

  • 暑いのに汗をかいていない

なんて時は、注意が必要です。

今回の自己は非常に悲しいです
子供は、真夏の炎天下ではあまり無理をさせたくないですね、、、

(そうでなくても、自分から言い出せない判断力の弱さもあると思いますし)